納骨ボトル「ハニカム」とは

「ハニカム」とは
六角形の納骨ボトルを横置きし
積み重ねることで蜂の巣(ハニカム)型の
収蔵方法を採用。
従来の納骨スペースで
数倍の納骨数を実現しました。

納骨ボトル「ハニカム」の使用例

屋外での使用

ハニカム型の収蔵方法をによって省スペースを実現。
一家族を超えて同じ場で供養いただく「納骨壇」などはもちろん、一般墓所でも従来は一人しか納骨できなかったスペースに家族全員を納骨することができます。
お墓のお引越し(改葬)などでのご利用もおすすめです。

納骨壇
一般墓所

屋内での使用

寺院施設では屋内の永代供養壇にも採用されています。
高い密閉性で湿気を防ぎ、陶器の骨壺のようなひび割れの心配もございません。
また、「ハニカム構造」の特性により耐圧性・耐震性にも優れています。

重なっていてもどのボトルも取り出し可能です

↓納骨ボトル「ハニカム」についての詳しい情報はこちら!↓

※弊社製品が、公益財団法人 東京都中小企業振興公社により、平成31年度(2019年度)第1回創業助成事業に採択されました。
※特許登録済(特許第6704601号)